読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお題「卒業」

今週のお題「卒業」

毎週お題を書くのがきっかけで色々思い出せるので、個人的には楽しんでいます。
「卒業」について思い出せば、さぞ寂しさとか友人との思い出とか色々感動する出来事を思い出すかなあと思ったのですけど、、、、、

僕にはこれまで幼稚園から専門学校までの学校生活の中で、特別卒業というタイミングを思い出しても、友達との思い出で感慨深くなる事がありませんでした。

僕はそもそも友人が少なく、今も連絡を取りあっている中学時代の友人も、高校は別になっても隣の高校だったので定期的に会っていたし、社会人になってもなんだかんだ会う機会もあったので、もう会えなくなるとかの寂しさも感じなかったからかもしれませんが、友人が少ないもそうですがアスペ気質があるので、感情が動かされるような衝動が卒業という時期・出来事には感じることが出来なかったのかもしれないなあと、今回のお題で振り返って思いました。

今はどうか

社会人になって、社内でも会社のビジネス・文化と僕の仕事の内容は文化の違いもあるからか、あまり深い人間関係は無いかもしれません。
別に嫌われている訳でも無いと思いますが(笑)、インターネットマーケティングという行為と小売業の文化は様々な面で違うと思うからです。
周りの人は良くわからない横文字を使ってくる、レゴとか宇宙開発を例え話によく使う不思議ちゃんと思っているかもしれませんね。

同じ部署の後輩たちが巣立っていったりする際は同志としての別れの寂しさは、学生時代とは違い強く思うのですが、寂しさよりは寧ろ感謝の気持ちが強く感じます。

これから

僕が卒業に対して感慨深くなる時、それを自信をもって思えるとしたら、今の家族と何らかの意味での別れがある時でしょう。
アスペ気味の僕でも今想像するだけでも悲しさ・寂しさを強く感じます。

いつかその時は来てしまう訳ですが、だからこそ彼女・クルー・セカンドクルーと一緒に、笑ったり・ご飯を食べたり・お出かけしたり・喧嘩したりそんな時間を大切にしたいと思います。

4年前のお題も卒業があって書いていた

toguo.hatenablog.com

地下鉄博物館に行ってきました

1月29日にセカンドクルーと地下鉄博物館に行ってきました。
地下鉄博物館には3年前にクルーと奥さんと来ていたのですが、セカンドクルーは来たことが無かったので二人でお出かけしてきました。
いつもならクルーも一緒なんですが、この日はちょっと熱があってお留守番でした。
考えたら前回来た時も、奥さんのお腹の中にセカンドクルーはいたのでお互い二度目の来館ですね。
toguo.hatenablog.com


入ってすぐにある昔の丸ノ内線にテンションが上がるセカンドクルー
f:id:toguo:20170219103040j:plain


隣には銀座線。
f:id:toguo:20170219102617j:plain


銀座線の中に乗ってみたところ。ちょっと暗くて怖かったのかすぐに降りちゃいました。
f:id:toguo:20170219103129j:plain


「う・へ・の!」何度も連呼してました(笑)。
f:id:toguo:20170219103106j:plain


ニコニコ大興奮だけじゃなく、トンネルの作り方の紹介ビデオを真剣に見ていました。
家に帰ってからLEGOでトンネルを作るためのお勉強だったのかもしれません。
f:id:toguo:20170219102550j:plain


「可愛いお顔だね〜」と作業用の車両の前でパシャリ。
f:id:toguo:20170219102649j:plain


ちょうど鉄道模型(メトロパノラマ)コーナーでデモの時間に遭遇したので、最前列をゲットしてかぶりついてました。
f:id:toguo:20170219102713j:plain
f:id:toguo:20170221135413j:plain

終わってしまってちょっと寂しげなセカンドクルー「またやらないかなー」って何度も言ってました。
f:id:toguo:20170219102902j:plain


今度引退する銀座線01系の前でパシャリ。両手でピースを作るのがセカンドクルー流
f:id:toguo:20170219102930j:plain


おっきな模型も興味津々。
f:id:toguo:20170219102954j:plain


実際のトンネルのサイズで線路上に立てるコーナー。スケールの大きさに口を「おー」の形にしてキョロキョロ観察していました。
f:id:toguo:20170219103017j:plain


そして館内の線路を快走するセカンドクルー
www.youtube.com

パンタグラフの操作も嬉しそう
www.youtube.com


考えたらセカンドクルーの二人でお出かけするのは赤ちゃんの時以来で、お互いいつもとは違うお出かけに新鮮でした。
お兄ちゃんも小学生になっていずれお友達との行動も増えてくると思うので、これからもたまにはセカンドクルーと一緒にデートしたいと思います。

www.chikahaku.jp

今週のお題「何して遊んだ?」

今週のお題「何して遊んだ?」

僕が子供だったころの印象に残っている遊び

まあ普通な遊びを普通にやっていたと思うんですが、僕が記憶に残っている遊びは2つありました。

忍者ごっこ?

実家は住宅街だったので、良く自分の家の屋根に登り、そこから隣のお家の屋根に移動してそしてまた隣にと言う遊びを良くやっていました。
完全に不法侵入で忍者というよりは不審者ですが、相手が子供だから時代だったからかわかりませんが、目があっても笑って返してくれたのを覚えています。

屋外ゲーム大会

実家は暫く土地が空いていて、奥に庭がありました。
そこにござを敷いて、テレビを置いてみんなでファミコン大会をやったのをよく覚えています。
夏なんかは日陰になって麦茶を飲みながら、ファミスタ大会したりスターソルジャー大会やったり楽しかったなあ。

最近は

最近の我が家では「Threes!」 というアプリが流行中です。

Threes! Free

Threes! Free

  • Sirvo LLC
  • ゲーム
  • 無料
Threes!

Threes!

  • Sirvo LLC
  • ゲーム
  • ¥360

数年前から人気のアプリみたいですが、知らない方もいるかもしれないのでこんなアプリです。
www.youtube.com

そして僕は既にお兄ちゃんに点数で負けています。
さらにはこのゲームでの数字の動きに興味を覚え、数字のn乗の計算と階乗の概念を理解してしまいました。

他には

相変わらず兄弟(夫婦も)揃ってレゴで遊ぶのが好きですが、それ以外もいろんなおもちゃや道具・アプリを組み合わせてオリジナルの遊びを毎日楽しんでくれています。
f:id:toguo:20170107125709j:plainf:id:toguo:20170107125714j:plainf:id:toguo:20170107125718j:plainf:id:toguo:20170107125722j:plainf:id:toguo:20170107125725j:plainこれからお友達との交流が増えていく中で疎外感を感じることもあるかもしれませんが、こういう遊び方に興味を持ってくれるお友達も必ずいると思うので、どんどん伸ばしてあげたいと思います。