読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなには有料サービスを充実させていって欲しい

今日は、先日書いたエントリーの続きを書いてみようと思います。
先日のエントリーはテクノラティキヌガサがサービスを終了させる記事を見て、自分の思う事を書いていました。

僕らが無料で使っている数多くのサービスは、誰かがお金を払ってくれているから使える訳で、このブログを運営しているはてなだって、NPOとか言われたりもしますがw、企業の広告を柱にして運営してるのですから、ユーザー数が伸び悩み運用コストがかさんでくればもしかしたらサービスが終了してしまうかもしれません。

これからはサービスを提供する側も、サービスを使うユーザーも、広告収入だけではなく「自分達がコストを払ってサービスを利用すること」「ユーザーがお金を出してくれるサービスを創ること」を意識しないと、有名で多くの人が使っているWebサービスも、世の中の金回りが悪くなってしまえばどんどん消えていってしまうかもしれません。

37signalsのように少数のユーザーしかいなくても、少人数で運営・運用ししっかり儲けている会社は沢山あると思うし、はてなもその一つだと僕は考えています。

ただ、はてなはまだまだ儲けられる部分があるのに、それをモノに出来ていないとも思っています。
具体的には、ビジネス層(個人・組織)や、うごメモを中心とした海外展開で、自分達のパイの大きさを日本の殻の外に出し、アドセンスとかのロングテールの規模を大きくするという分野です。

1ヶ月お得な年間プランは積極的に

あと積極的に利用しているユーザーと、無料で使い続けるユーザーの間にいるユーザーが、「あ、これなら有料サービス使おうかな」と思える割引プランをもっと展開したほうが良いと考えます。
具体的には、有料サービスを用意しているサービスの中で、割引プランがあれば「使ってみようかな」と思える人が多いサービスには、すべて割引プランを用意するべきでしょう。

そう考えると、はてなフォトライフは単体で割引プランはない(ダイアリーとのセットならある)ので用意したほうが良いと思います。

きっかけとしての無料期間や

はてなグループなんかも、最初の1ヶ月は無料で有料サービスを使えるようにして、自分だけの空間にブログとwikiを使ったノートを用意できる事をユーザーに体験させれば、結構な人が有料で使ってくれるのではと勝手に考えています。

僕自身はてなグループを使うのは、実際に有料サービスを使うようになった1年以上前から考えていたけど、お金を出してまで試すのは躊躇していた経験があります。

はてなワールドで、id:kiyoheroにおすすめされていなければ、もしかしたら今もはてなグループは使っていなかったかもしれませんし、個人で有料版を使っていなければ、仕事でも使っていなかったと思います。

僕一人でも、「個人で180円/月」「会社で1,800円/月」を使っているので、もし僕がはてなグループを使っていなかったら、年間23,200円の売り上げをはてなは失う事になります。

逆に一人でもはてなの各サービスの良さに気づいてもらって、職場などいろんな場所で有料サービスを使ってもらえば、もっと利益に繋がると思うんですが? 如何でしょう? id:jkondoid:mitsukiid:kawasaki

継続的なサービス(機能)追加も大事

正直にお話しすると、最近個人で使っているはてなグループの代替候補としてEvernoteの検討を始めています。
Evernoteは日本語版の開発を進めているようですし、Evernoteのすべての機能が日本語に対応されれば、画像を含めて検索が出来るなど、自分のログを記録していく場所としてかなり強力なツールになります。

Evernoteを検討している一番の理由は、はてなグループの進化が止まってしまっていて、「このままサービスが続くのだろうか?」「なんでダイアリーにあの機能があるのにグループにはないんだ?」など考える事があるからです。

WebサービスやWebサイトを継続的に利用してもらうには、継続的に進化・改善していることを利用者に感じてもらう事も大事だと思います。経営方針としての優先順位もあると思いますが、せっかく始めたサービスを、出来る事だったのに改善出来ずに撤退したり、他のサービスにユーザーを取られないためにも、はてなには常に改善を続けていって欲しいと思います。

また自分も、仕事としてWebサイトを運営しているので、社内システムの利用者や、サイトにアクセスしていただくお客様に、継続的にサービスを利用してもらう努力を続けていこうと思います。