読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneを旅行に持って行った時のまとめ-3

iPhone life

今回は前回のエントリーの続きで、旅行に行ったときのiPhoneの使い勝手について書いてみようと思います。

前回は情報の閲覧と発信の中で、RSSのチェックや職場とのやり取りについて書いてみました。

今回は、その他細かい事について書いてみます。

iPhone(ソフトバンク)の電波状況について

電波は首都圏内での旅行だったので、電波が届かない事は殆どなく、常にインターネットに繋がる事が出来たので、例えば今回の旅で行った鎌倉や大宮の鉄道博物館で、気になった事があったらすぐにウィキペディアやYouTubeGoogleで検索をしてみて、補足情報を得たりする事が出来たし、豪雨の中ホテルに行くための最短ルートを調べるのにGoogleマップが役立ったりしたので、凄い助かりました。

今回は利用しませんでしたが、セカイカメラなどの仮想現実に情報が蓄積されたりすれば、旅行先で美味しいお店を探したり、歴史建造物について説明を読んだりする事が出来ると、とても便利だと思います。

iPhoneアプリで「30min」というアプリがありますが、口コミ情報をチェックできるので、観光ガイドブックには書かれていない情報をチェックする事も、iPhoneでは簡単にできるので良いと思います。

f:id:toguo:20091123075455p:image
画像は鎌倉にある、面白法人カヤックさんが運営するカフェ「bowls」の情報を表示した画面になります。
f:id:toguo:20091123075454p:image
f:id:toguo:20091123075453p:image
f:id:toguo:20091123075452p:image

bowlsのサイトはこちら。

ここでは「スモークサーモンとアボカドのサラダ丼」というのをいただいたのですが、とても美味しかったです。
旅行の後さっそくお家でアボガドとスモークサーモンを使って、bowlsで売っていたワール丼に盛っていただきました。

http://bowls-cafe.jp/store/detail/?id=32:image:large

http://bowls-cafe.jp/store/detail/?id=33:image:large

面白法人カヤックさんについては、bowlsでお昼をいただいた後に、社長の柳澤さんにサインをいただいたりしたエピソードがあったり、最近毎日カヤックさんのサービスをチェックするようになって、すっかりカヤックファンになっているので、カヤックさんについてまた改めて書いてみようと思います。

バッテリー

iPhoneのバッテリーに関しては、移動中RSSをチェックしたり、デジカメで写真を撮ったり動画を撮ったりしていると、一日は持ちません。
宿泊先の電源で充電する以外にもエネループのバッテリーを持っていったので、バッテリー切れで困る事はありませんでした。
バッテリーを気にしながらちまちま触るよりは、バッテリーを用意して気にせずに使えるようにしたほうが楽しく使えると思います。

携帯性

今まで旅行に行ったときは、B5のThinkPadを持っていってウィルコムの電話からデータ通信をしていたのが、今回の旅行ではiPhone1台でまかなう事が出来たので、重量にして2kg以上の減量が出来たと思います。

パソコンはいつでもどこでも触るにはかなり大変だし、思いついたらさっとポケットから出して使えるiPhoneは、閲覧性が解像度の差でPCより問題になる時があるとしても、基本的にテキストベースであれば全く問題なく、むしろウィルコムの時より回線速度が向上して、旅行中にチェックできた情報の量は飛躍的に向上しました。

今回の旅行ではリコーのGX100を持っていったのですが、場合によってはデジカメもiPhone内蔵のもので納得すれば、今後は自転車で着替えとiPhoneを持って着の身着のままに旅行をしてみるのも良いかなと思いました。