読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書きたい、でも書けないを打開する

life はてな

基本的にはブログを書くことのよって考えがまとまったり、過去の自分から今悩んでいる事を解決したり、良い思い出だったり、人との出会い・名刺的役割だったり、良い事ばかりだったブログの運営を、昔のペースもしくはそれ以上にしたいと思っていてもダラダラしていて、Twitterでも



みたいな事をウダウダ書いていたので、抜本的変えて行こうと思っていたら、id:kiyoheroさんが素晴らしいエントリーを見つけていて「これだ!」と思ったので早速やってみた。

f:id:toguo:20120823185623p:plain

ホーム画面に、スマホ版はてなブログの記事追加ページのブックマークを設置して、いつでもブログが書けるようにしてみた。

Twitterでつぶやくことが出来るのは、アプリがあってつぶやきたい時にすぐにつぶやけるようになっているから、iPhoneで写真をパシャパシャ撮る一つの動機がInstagramというサービスがあって簡単にソーシャルメディアに配信することが出来るから、等があると思う。

考えるとブログのためのそういった配慮が、はてなは足りていないのかもしれない。他のブログサービスは機能の良さは抜きにしてきちんと自社開発のアプリを用意していて、画像の埋め込みなどの処理も出来るようになっている。

実は今回のエントリーもiPhoneからすべて書いてみるつもりだったけど、

  • 画像はメールで送信をしてアップロード
    • 画像の埋め込みに関してはフォトライフにアクセスしてURLをコピーし、そのアドレスからフォトライフ記法を書く。
    • そもそもPCページでは記法がコピー出来るのにスマホ版フォトライフのページでは出来ない
  • ツイートの埋め込みはスマホから不可能ということで、一階下書き保存をして、iPadからPC版はてなブログの管理画面に入り埋め込み

という形で最後の文章は流れの中でMacBookで書いている。
ここで行った手法がiPhoneiPad単独で出来るようになれば、はてなブログが相当完成度の高いものになると僕は思う。

しばらくは

  1. 出先でブログのネタを思いついたら、iPhoneからその気持ちをツイートする前に、はてなブログのリンクを起動
  2. 書けるだけ書いて下書き保存
    • 恐らく断片的なメモになるので、必要に応じてツイート
  3. iPadが触れる場合は、はてなブログのPC版管理画面に入って下書きを更に編集し仕上げる
  4. 完成したらiPhoneiPadから公開

という流れで、PCレスをルールにブログを書く機会を増やしていきたいと思う。

おそらく id:onishiさんとid:jkondoさんがアプリベースで完成度の高い「はてなブログアプリ」を近いうちに開発してくれることを強く期待しておきますw!