Surafacebook2をiPad Pro風に持ち歩く方法を考えてみた

プライベートではiPad第5世代をビューワーとして使っていて、今までは下の購入時に書いたブログにあるように、生産性を含めるとメインにはならないし、メインではないとしてもやれることは少なくビューワーメインかなあという感じでした。

toguo.hatenablog.com


しかし最近は公私ともにiPadに興味を持つ機会が急に増え、色々調べてみるとiPad Proが2015年(もう5年!)に初めて発表されて依頼、少しずつ状況も変わってきていることを知りソワソワしていました。

衝動買するわけにもいかないので、衝動を抑えるために(笑)メインPCで使っているSurfaceBook2の本体部分を分離してiPad Proっぽく使えないかなあと思い立ち試してみることにしました。

SurfaceBook2は液晶側に本体部分と小容量のバッテリー、キーボード側に外部GPUと大容量のバッテリーが入っている構成で、分離して使うことも出来る個人的には素晴らしいラップトップで購入してから大満足して使っています。

f:id:toguo:20200220134907j:plain
マイクロソフト公式サイトより

分離して使えばiPad Pro的に使えるのですが、バッテリーが少ないので1時間ちょい位しか普通には使えないので、電源アダプタを繋ぐ事によって対応するのですが、付属の電源アダプタがなかなかサイズ・重さともにヘビーなので、下のリンクで紹介されている方法を用いて、持ち運びやすい電源を用意して外出先でも使えるようにしてみました。

forest.watch.impress.co.jp


でこんな感じになりました。
ペンを使うことも出来るし、Bluetoothマウス・キーボードも使えるし、電源を確保できれば普通に使えるのですが、ソフトがタッチに対応していなかったり(そもそも想定しているお作法が違う)、やはり電源が確保できない形で使うと途端に心もとなく、常にバッテリー残量を気にしながら触るというのはストレスで、机で作業している時に一時的にタブレット化して使うのはバッチリなんですが、モバイルで使うのは無理ゲーでした。

じゃあSurfaceProにすれば解決じゃんという話もありますが、SurfaceBook2の前はSurfacePro3を使っていたので、それもまたソフトの課題も多くありちょっと違うという感想を持っているので、やっぱりモバイルで「PCに近い(PCの代わりではない)フロー」を実現するなら、iPad ProがiPadOSになったり環境が整ってきて今は筆頭候補になるのかなあと思っています。

SurfaceBook2はガッツリ作業したい時はベストチョイスになっているので、今後も必要に合わせて今後もバリバリ出先に持っていくのは変わらないので、AppleのCMや巷では「iPadで全部」という人が増えてきていますが、僕は使い分ける感じで落ち着きそうですし、今まで思っていたビューワーという感覚になっていた長いトンネルをiPadがようやく抜けたというイメージに変わったのは良い収穫でした。

あああ、これは買うフラグが完全に立っていますね。

レゴの国際宇宙ステーションの置き場所が決まりました

先日子供たちに作ってもらったレゴで作ったISS、置き場所をどうしたものかと思い試行錯誤してなんとか落ち着きました。

toguo.hatenablog.com



僕の使っている机の角の場所にスペースを用意して、無印のアクリル台の上に置いてみたらバッチリでした!
ついでに最近の僕のバイブルになっている若田さんの本を置いて、何か思うことがあったらいつでも手に取って読めるようにしました。

SpotifyにあるNASAが配信しているアポロ計画の通信音をかけながら机で作業をし、悩んだりしたらコマンダーの若田さんの言葉に触れる。
雰囲気が出て最高です。
open.spotify.com


続ける力 人の価値は、努力の量によって決まる

続ける力 人の価値は、努力の量によって決まる

  • 作者:若田 光一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
この本は以前ブログにも感想を書きましたね。
toguo.hatenablog.com

今週のお題「大切な人へ」

今週のお題「大切な人へ」

f:id:toguo:20200217210857j:plain

クルーへ

9年前からパパの一番の友だちになってくれた君にありがとう。
賢い君が色々な事を知識にして整理したことを表現してくれることにびっくりしています。
そして誰に対しても優しく・正義感ある男の子でいてくれるのをとても嬉しく・頼もしく思っています。

セカンドクルー

生まれてから、パパ・ママ・クルーが険悪な感じになった時にいつも和ませてくれるムードメーカーでいてくれてありがとう。
セカンドクルーもお兄ちゃんと同じように賢く、ダンボールやレゴなど様々な道具を組み合わせた凄いマシンを作り上げて見せてくれるのにびっくりしています。
ちょっと甘えん坊さんで怒っちゃうこともあるけど、甘えてくれてとても嬉しい気持ちも沢山あります。
これからもみんなに愛される、
可愛い男の子でいてね。

ママへ

出会った時から僕はあなたのお陰で世界が拡がりました。
今の僕がこの仕事をしているのも、周りの人たちから評価をしていただけるのも、楽しい生き方をしているのも道を示してくれた君のお陰です。
そして素敵な子供たちをこの世に連れてきてくれて本当にありがとう。彼らは僕にとってかけがいのない息子・友人です。

趣味も考え方もお互いが共感できて真剣に話したり出来る相手がいるのは、本当に僕にとって今までもこれからも大切でかけがえない事だと思っています。
色々迷惑・心配をかけることがあるかもしれませんが、これからもよろしくね。