読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EM・ONEを触った感想

ヨドバシカメライーモバイルEM・ONEを結構触らせて貰えたので、その時の感想をメモ。

EM・ONEは高速回線を定額で繋げられる端末として凄く気になる存在で、何回もカタログを見ながら買ってしまおうか悩んでいた経緯がある。
http://www.sharp.co.jp/em/s01sh/index.html:image:large

パソコンを基本的に持ち歩かない方針にしたので、その代わりにパワフルな端末を持ってみようかなと言う感じだ。

W-ZERO3[es]を持っているので、基本的な操作方法やこの端末で何が出来るかは大体わかっていたので、今回はブラウザーの体感速度を中心にチェックしてみた。

まずいつも自分がOperaでホームページにしてある、ポケットはてなに接続してみた。結果は携帯サイトなので、当然さくっと表示される。画面の解像度が高い分文字が多く表示してくれるので、そこら辺は読みやすかったけど、画面を縦表示にするとW-ZERO3[es]のようなキーがないので操作しづらかった。
EM・ONEは横でも縦でも、基本的に両手で使うのを前提にして作られている印象持った。

次PCサイトをW-ZERO3[es]Operaも立ち上げて、表示される速度を比べてみるために、はてなのトップページを表示してみた。
電波状況はどちらも快適な状況で、EM・ONEがやっぱり相当早く表示が終わるのかなと思っていたら、結果は意外だった。

正確な秒数は計っていなかったけど、EM・ONEが5秒位早く表示されただけで、対して変わらなかったのは意外だった。
結局回線が太くても処理速度が追いついてないから、細いウィルコムの回線とあんまり変わらない結果になってしまうのだろう。

正直EM・ONEは気になっていたけど、この結果で無理に買う必要はないと思った。
後一年位しないと性能も上がらなさそうだし、そのころはウィルコムも、次世代PHSの話が具体的になってくると思うので、このまま待ちで良いのかなと自分の中では結論が出た。

イーモバイルは、現時点ではパソコンに繋いで接続を頻繁に行う人以外は、メリットが無いだろう。

早く回線速度が活かされる端末が登場してくれれば、もっと楽しくなるのになあ。