読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお題「卒業」

今週のお題

今週のお題「卒業」

毎週お題を書くのがきっかけで色々思い出せるので、個人的には楽しんでいます。
「卒業」について思い出せば、さぞ寂しさとか友人との思い出とか色々感動する出来事を思い出すかなあと思ったのですけど、、、、、

僕にはこれまで幼稚園から専門学校までの学校生活の中で、特別卒業というタイミングを思い出しても、友達との思い出で感慨深くなる事がありませんでした。

僕はそもそも友人が少なく、今も連絡を取りあっている中学時代の友人も、高校は別になっても隣の高校だったので定期的に会っていたし、社会人になってもなんだかんだ会う機会もあったので、もう会えなくなるとかの寂しさも感じなかったからかもしれませんが、友人が少ないもそうですがアスペ気質があるので、感情が動かされるような衝動が卒業という時期・出来事には感じることが出来なかったのかもしれないなあと、今回のお題で振り返って思いました。

今はどうか

社会人になって、社内でも会社のビジネス・文化と僕の仕事の内容は文化の違いもあるからか、あまり深い人間関係は無いかもしれません。
別に嫌われている訳でも無いと思いますが(笑)、インターネットマーケティングという行為と小売業の文化は様々な面で違うと思うからです。
周りの人は良くわからない横文字を使ってくる、レゴとか宇宙開発を例え話によく使う不思議ちゃんと思っているかもしれませんね。

同じ部署の後輩たちが巣立っていったりする際は同志としての別れの寂しさは、学生時代とは違い強く思うのですが、寂しさよりは寧ろ感謝の気持ちが強く感じます。

これから

僕が卒業に対して感慨深くなる時、それを自信をもって思えるとしたら、今の家族と何らかの意味での別れがある時でしょう。
アスペ気味の僕でも今想像するだけでも悲しさ・寂しさを強く感じます。

いつかその時は来てしまう訳ですが、だからこそ彼女・クルー・セカンドクルーと一緒に、笑ったり・ご飯を食べたり・お出かけしたり・喧嘩したりそんな時間を大切にしたいと思います。

4年前のお題も卒業があって書いていた

toguo.hatenablog.com