読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお題「サッカー」

今週のお題「サッカー」
http://instagram.com/p/RjVgWHsMCr/
鮮やかなオレンジ!

僕は生まれも育ちも千葉県船橋市なのに、清水エスパルスのサポーターです。
昔からエスパルスについてブログにも書いてます。

なんでエスパルスを好きになったかですが、僕はJリーグ開幕時のオリジナル10言われるチームの中で唯一社会人クラブを母体としていない市民クラブからスタートしていたチームで、Jリーグが掲げている「Jリーグ百年構想」の理念にもマッチしているチームとしてとても共感を覚えて見ていました。

当時はエスパルスには共感はしていましたが、Jリーグは欠かさずチェックはしていたもののご贔屓のチームは特にありませんでした。
でも数年後会社の先輩に連れて行ってもらった、横浜フリューゲルス清水エスパルスの試合でゴール裏で応援し、周りに居た人との会話や雰囲気、なによりエスパルスのサッカーと澤登正朗選手に惹きつけられ、今もずっと応援しています。
1999年の静岡ダービ決戦となったチャンピオンシップ第二戦のノボリのフリーキックは、今も脳裏に焼き付いていますね。

(澤登 正朗)Jクロニクルベスト:1999ベストゴール - YouTube
1戦目に負け、2戦目も先制されて跡がない状況の中で試合が進み、フリーキックを得るファールの際に三都主アレサンドロジュビロの選手を怒って蹴ってしまい退場となり、大ピンチの時に10番の仕事をするノボリ。そして点を決めた後も先制される時にミスをした仲間に声をかけているところが映像になっていますが、まさにミスターエスパルスを象徴する映像です。

僕はサッカーに関わる社会が好きなんだと思う。

僕はサッカーを見るのも好きですし、最近はやっていないし上手くもないのですがプレーするのも大好きです。システムや戦術について話をするのもの好きではありますが、本当に良い意味でうんちくを垂れるほど知識もないし好きではありません。
でも別にエスパルス関係なく、世界中のサッカークラブの周りで起きている人との繋がりや、サッカーを通じて健康や教育への仕組みが作られていたり、地域経済の活性化に繋がっているような話は大好きで、ドキュメント番組があったらよく見ています。
このような視点でサッカーに魅力を感じるからこそ、縁もゆかりも無かった「静岡・清水」という土地のサッカークラブを好きになれて、その街に興味を覚えることが出来るわけで、それは僕だけでなくミラニスタな人やバルサ好きの人もクラブがある街にも興味を持つわけで、そういった面でのサッカーの魅力・凄さが僕は好きなんだと思います。

僕のユニホーム

http://instagram.com/p/jIhbSEsMMP/
ユニフォームを着て、彼女のサポートします。

ちなみに僕が持っているレプリカユニホームは、背番号と名前をカスタマイズしていて、名前はID名で背番号は彼女(id:fantasticfuture)の名前を由来にしています。
書くのもお恥ずかしいですが、書いちゃったのでこのまま書いていくと、僕が愛している彼女とエスパルスを表現できればと思い、勢いでこんあユニホームにしてしまいました。のろけですいません。
彼女の2回の出産時にはこれを着て彼女のサポートをやらせてもらいました。

そろそろ子供と一緒にサッカー観戦したいです

こちらは1歳になる直前のクルー君。ノボリのTシャツを着て喜んでいるはずです(着させられています)。


ブラジルワールドカップ開幕戦の時のセカンドクルー君。ネイマールがゴールした時に「プシュー!!」とふなっしーばりの声を出していました。
http://instagram.com/p/pKHU9tsMDe/
セカンドクルー「ねいみゃーるしゅげー!」

まだお兄ちゃんであるクルー君は三歳なので、まだまだ移動や大人しく出来ないお年ごろなので難しいと思いますが、いつかは僕とクルー・弟のセカンドクルー君と三人でエスパルスのユニホームに身を包み一緒にグリコの応援歌を歌ってみたいと思って、お家で練習中です。
クルーは一緒に歌ってくれますし、赤ちゃんのセカンドクルー君もチャントの動きを再現して手を動かしてあげるとニコニコしてくれるので、実現することを願っています(笑)